MENU

マイスリーの副作用で幻覚事故を起こしてしまった経緯

当時の私は、毎日が辛く家に帰っても明日が来るのが怖くて、布団をかぶっても寝れない日々が続いていました。

 

職場は人間関係も悪く、仕事が多いので残業は当たり前。なのに上司は仕事をしないで帰ってしまうし、クレーム処理はほとんど自分任せで転職することも考えられないくらい忙しい日々でした。

 

不眠鬱

 

 

そんな時に、次々と身内に不幸が起きてしまい、その対応や仕事のストレスを我慢しているうちに疲れ果ててしまったのです。

 

特に辛かったのが、身内の不幸に対してあっけらかんとした態度をとる会社の人たち。仕事が忙しいのもありますが、疲れていた自分にとっては、追い打ちをかけるような辛すぎる出来事でした。

 

 

起きている時は気分が優れないだけでしたが、次第に体調にも悪影響が出るようになってしまうんですよね。

 

心も体もクタクタなのに一睡もできない日が続きました。

 

 

マイスリー5mgを処方してもらう

 

気持ちからくる病気だとは思ってはいましたが、心療内科に行くことは抵抗があって、まずは普段通っている内科の先生に相談してみることにしました。

 

そこで処方されたのが“マイスリー”です。睡眠薬としては軽い部類に入るもので、脳の神経を沈めて精神安定の効果がを期待できると出して下さいました。量は5mg。

 

マイスリー5mg

 

 

「これで気持ちよく眠れて、少しは楽になるかも」と安心したのと同時に、睡眠薬を処方されなければならないほど自分は弱っているのか…とショックを受けたのも覚えています。

 

マイスリーを飲むようになって、2~3時間程度の睡眠でしたが、徐々に寝る事が出来るようにはなりました。

 

 

遂にマイスリー副作用で幻覚症状が…

 

マイスリーは毎日飲んではいましたが、ストレスのせいもあって毎晩晩酌で、酔っぱらってから寝る日々が続いていました。

 

休みの日には昼間から飲んでいることも当たり前に…

 

 

最初は寝る事が出来ていたマイスリーも徐々に効き目がなくなり、先生に相談して1回の量を5mgから10mgに増やしはしたものの、耐性が付いてしまったのか、それでも効き目を感じることが出来なくなってしまいました。

 

そんなある日です、、、

 

 

「マイスリーが効かないのは量が足りないからだ」と思い込み、朝晩飲むようにしたいたのですが、朝気が付いたら車の中にいてガードレールに衝突していました。

 

マイスリー事故

 

 

どうせ飲んでも眠くならないし
会社に行っても嫌な思いをするだけだ

 

と現実逃避したい気持ちがそうさせたのかもしれませんが、その時の出来事は正直あまり覚えていません。

 

 

事故処理をしてくれた警察の方には「カーブを曲がる際、対向車が中央車線を大きくはみ出して来て、それを避けるためにハンドルを切った」と話したそうなのですが、現場を目撃していた方の話によると「対向車などいなかった」との事。

 

噂には聞いていた、マイスリーの副作用で幻覚が見えてしまっていたのかもしれません。

 

 

意識は朦朧としていたのに、「どうせ自分には効かないんだ」と油断していたのが最悪の結末を招いてしまいました。

 

今回は単独事故で済みましたが、これがニュースで聞くような『通学途中の小学生の列に突っ込んでいたら…』と思うと本当にゾッとします。

 

 

それまでは自分は“世界で一番不幸な被害者”のような気分でいましたが、その日を境に、「このままじゃいけない」と思い直し、しっかり生活を元に戻そうと決意しました。

 

⇒ 私がマイスリー脱却の為に利用した睡眠サプリがコレ

 

 

 

 

マイスリー依存から脱却して安眠を手に入れる為の3つの方法

 

マイスリーのなどの睡眠薬に頼らずにしっかり睡眠が取れるよう、色々な本を読み漁って辿り着いた3つの方法を紹介します。

 

体質や生活リズムによって合う合わないはあると思いますが、人間の基本構造は同じはずなので今すぐ眠る事はできなくても、徐々に改善が見られるはずですなので、ぜひ試してみて下さい。

 

 

起床時間の固定と朝日を浴びる

 

良質な睡眠を得る為の情報のなかで、ほぼ100%と言っても過言ではないくらい共通して書かれていたことが、“起きる時間を固定する”“朝日を浴びる”という方法です。

 

重要なのは、睡眠時間ではなく活動を始める朝の時間をずらさない事だったんです。

 

朝日を浴びる

 

 

1日の始まりが決まっていると生活リズムが安定してきます。

 

休みの日でも起きる時間は一緒で、たっぷり睡眠をとりたい時は早めに布団に入るといった形で時間がずれないようにすることがポイントです。

 

 

朝日を浴びるのは毎日でなくても問題なく、一週間で数回浴びるだけでも良い睡眠になります。

 

朝日でなくとも日光浴をすると、“トリプトファン”というホルモンが出て、夜は自然な眠りを誘う作用がある“メラトニン(睡眠ホルモン)”に変わるほか、体内の色々な働きを円滑にするホルモンの分泌を促してくれるので、質の良い睡眠を得るのに効果抜群です。

 

 

ちなみに、曇っていても太陽の光は強烈なので、朝起きたら窓の近くに行きましょう。

 

朝光を浴びておけば、体内時計がリセットされるので、体が自然と再スタートを切れる状態になります。

 

 

事務職をしていると、なかなか太陽を浴びる機会はないかもしれませんが、

  • 昼休みに会社の近くを散歩してみる
  • 休みの日に出かけてみる

 

など、積極的に太陽光を浴びる機会を作ると良いです。

 

効果が高いのに気軽に行えるのでオススメ!

 

 

睡眠ホルモン“メラトニン”が生成しやすい食事メニューに改善

 

先程もチラッと登場しましたが、睡眠のリズムを整えてくれるのが“メラトニン”というホルモンです。

 

きちんと分泌されていると自然と眠くなって朝はスッキリと目覚めることが出来るようになります。

 

 

このメラトニンを増やすには朝日を浴びる事が一番おすすめなのですが、体内でメラトニンを作りやすいように食事のメニューを意識するようにしました。

 

『メラトニンを直接摂取する』という事は難しいので、メラトニンの元になる“トリプトファン”という成分をなるべく摂るようにします。

 

トリプトファン大豆

 

 

トリプトファンは主に、大豆や乳製品に含まれています。

 

朝からしっかりと食べられるのであれば、魚もメラトニンの生成にはぴったりなのですが、恐らくマイスリーを飲んでると朝の食欲は期待できませんよね…^^;

 

 

私の場合は食欲がなかった時は、ヨーグルトとフルーツといった簡単な朝食から始めていました。

 

豆乳でも良いですし、朝食があまり食べられないという時でも、口に入れる事が出来るので取り組みやすいです。

 

 

副作用のない睡眠サプリを活用し、マイスリー依存から脱却!

 

3.マイスリーを急に絶つのは不安だったので、副作用のない睡眠サプリを併用し、徐々に睡眠薬依存から脱却に成功!

 

 

睡眠には欠かせないマイスリーでしたが、“睡眠薬の副作用”“手放せなくなっている自分”を変えたくて、睡眠サプリを考えました。

 

いきなり止めてしまうのは不安だったので、お医者さんで相談をしながら少しずつ自然睡眠を促すサプリを使う事にしたんです。

 

睡眠サプリ

 

 

最初にマイスリー断ちしたのは休みの日の前日。ストレスがたまらない、気持ちよく起きれる朝からスタートしました。

 

「リラックスして睡眠をとる」という気持ちも大事だったみたいで、マイスリーを減らしていっても問題もなく眠れるようになってきたんです。

 

 

仕事が始まる日は少し怖かったのですが、不安だったのは最初だけ。

 

用事がない時は早めに寝てしまうようにして、睡眠サプリのみで徐々に良い睡眠がとれるようになりました。

 

 

副作用のない、睡眠サプリBEST3

 

私が睡眠薬依存から脱却する為に併用したオススメ睡眠サプリを3つほど紹介します。

 

体質によって合う合わないはあると思いますが、参考になれば嬉しいです。

 

 

潤睡ハーブの特徴

潤睡ハーブのおすすめポイントは、朝がスッキリ起きれるようになったところです。

また睡眠薬を使っていたころは薬の効果が着れるタイミングで起きてしまう事が多かったのですが、潤睡ハーブを使う事で人間が自然に寝てるという感覚になれたことも良かったです。

初回お試し価格 1,980円
評価 評価5
備考 10日間の返金保証あり
潤睡ハーブの総評

睡眠薬を手放すのが怖い自分にとっては、徐々に「睡眠が良くなってくる」という感覚でイライラも抑える事が出来ました。

金時ショウガの成分が丁度良く効いたようで布団をかぶってぼーっとしていると、気が付いたら寝ていることも多かったです。

潤睡ハーブを続けていると徐々に睡眠時間が伸び、5時間以上寝る事が増えてきました。

体感としては10日ほどぐらいからポカポカしてる感じや必須アミノ酸が効いてきている感覚になりました。

 

マインドガードDXの特徴

マインドガードDXの成分のおかげか、体調は続けていくうちに良くなったことは体感することが出来ました。

睡眠薬は飲めばすぐ寝れるので、睡眠をとりたい自分には欠かせないものでした。

マインドガードDXだけにして、“眠った”という感覚を実感したかったのですが満足度は低めです。

初回お試し価格 7,340円
評価 評価4
備考 初回はもう1本付いてくる
マインドガードDXの総評

ぐっすり眠れたという事もなく、1か月以上は続けたのですがなんとなくリラックスした感じはありましたが、数時間ほどは寝て起きての繰り返しでした。

一番気になったのは価格です。
1本の値段が高く、2か月目は値段の高さから購入を考えるほど。

睡眠サプリの中では高額で継続すると1万円ほど毎月かかってくるのがとても気になりました。

成分はこだわりがあってとても良いとは思うのですが、毎月のお財布の負担がデメリットになってきます。

 

ネムリスの特徴

ネムリスのポイントは安全性をとても大切にしていることです。

睡眠薬の副作用は日々のストレスなどで睡眠の質が低下しているので、安心して口に入れる事が出来るのは嬉しいです。

初回お試し価格 5,670円
評価 評価3.5
備考 10日分1,890円のお試しもアリ
ネムリスの総評

睡眠の質を上げるという事はとても大事で、飲みはじめてから1週間ほどで、深夜に目覚めてしまうという事が少なくなりました。

寝ることが出来たのですが、朝起きてもだるさが残っていることもありました。錠剤で少し飲みにくい点も気になります。

リラックス効果の評判は高いのですが、かなりのストレスを感じているとあまり効果を感じにくいのかもしれません。

定期コースで10%となりますが、大体1日当たり200円ほどです。ちょっと割高なところも続けにくいと思います。

 

 

夜ぐっすり眠る為の3大テクニック

 

さきほど、安眠するための3つの方法を紹介しましたが、こんどは熟睡する為の3大テクニックを紹介します。

 

1度に全部取り入れるのは難しいと思いますが、どれも私が身を持って体験した実際に役立つ方法なので、少しづつチャレンジして貰えたらと思います^^

 

 

日中眠くなったら15分以内の仮眠を取る

 

マイスリーを飲まないと夜眠れないクセに、日中は強い眠気が襲ってくる事ってありますよね。

 

どうしても日中眠い時は、短時間の仮眠の方を取って頭をスッキリさせる方が、夜ぐっすり眠る為に効果を体感しやすいです。

 

仮眠

 

 

それに短い時間でも、目を瞑って身体を休ませることに集中させると、疲労回復効果が見込めます。

 

ただ、眠いからと言って30分を超えて仮眠を取ると、逆に強い眠気が発生してしまい、仮眠の効果が体験できず頭がボーっとしてずっと怠い状態が続いてしまいます。

 

 

睡眠時間は90分周期などで起きるのが良いとされていますが、昼寝の場合は病気になりやすいとも言われているので昼間の寝すぎは注意です。

 

横になると長く寝てしまうという場合は、座ったままでちょっとうつ伏せにするという方法がおすすめです。

 

 

日中の長時間の睡眠は、夜に寝れなくなる原因にもなるので必ず15分以内に済ませるようにしましょう。

 

それでもぼんやりするときは、昼寝の前にカフェインや仮眠の後に軽い体操なので、体を刺激する事でリフレッシュでき眠気がとれやすくなりますよ。

 

 

寝る予定の1時間前に軽く体温を上げる

 

寝る1時間くらい前に、軽めの運動 or ぬるま湯に入るのは身体の入眠を助け安眠するのに最適な方法です。

 

 

お風呂の温度は40~41度くらいがオススメ。

 

熱すぎると刺激が強すぎて頭が冴えてしまうし、ぬる過ぎる体温が上がらないので入浴での安眠効果を発揮する事が出来ません。

 

 

寝る前に軽い運動をする事でも同じような効果を狙う事が出来ます。

 

人は寝るときに体温が下がるように出来ているので、身体を動かすことで体温が上がり1時間程で徐々に下がると同時に心地より眠りに入る事ができるようになります。

 

入浴後のストレッチ

 

 

ベストなのは入浴後のストレッチ。身体が温まっている状態でストレッチする事で固まった筋肉がほぐれて疲労回復や姿勢も改善する効果もあるんですよ。

 

さらに効果を高めるにはリラックス効果のある音楽そしてアロマオイルがぴったりです。

 

 

眠る時は体温差がある方が“深い眠りになる”と言われているので、運動は健康にも良いですし安眠効果もバッチリ!

 

マイスリーを飲む習慣を止めて、今日から入浴後のストレッチに切り替えてみるのも良いかと☆

 

 

眠れなくても気にしない

 

最後の安眠テクニックは気持ちの問題になりますが、寝れなくても気にしない事が大事です。

 

“眠れない”という不安感からマイスリーに手を伸ばしてしまうと思いますが、あまり寝る事が出来ていなくても、身体は十分に休息する事が出来ています。

 

ぐっすり眠るコツ

 

 

目を閉じるだけでも、視覚を閉じているので目の疲労や脳に刺激が送られなくなり休めることに繋がります。

 

部屋を暗くしてゆったりとリラックスして横になっているだけでも、寝ている状態に近い疲労回復効果を十分に得る事が出来ます。

 

 

それに「あまり眠ることが出来なかった」という事を気にしてしまうと、気が付かないうちにストレスとなり体の不調へと繋がってきます。

 

「横になっているだけでも回復する」という意識を強くもって、深く考え込まないでしっかりと休息を取れたと思うようにするだけでも、1日過ごす気持ちが変わってきます。

 

 

“寝れない”を忘れてしまう事が、マイスリーの副作用に怯えず睡眠薬から脱却する為の1番大切なコツと言えるかもしれません。